FF1バージョンによる違い -FF1攻略&交流 EX-POTION-

FINAL FANTASY I のバージョンによる違い

FF1は移植・リメイク合わせて多種多様な機種にてプレイ可能。
大きく分類すると、FCオリジナル版、WSC版、PS版、携帯アプリ版、GBA版、PSP版の6種に分けられる。
大まかな違いで分類すると下記の表のようになる。
基本的に全ての要素を楽しむなら現時点ではPSP版がお勧めとなる。
オリジナルに近い難易度・システムを楽しみたい場合は入手しやすいものとしてはPS版がお勧めとなる。(Wii VC配信後はWii VC版)

ファイナルファンタジー I 機種別の大まかな違い
項目FCオリジナル版WSC版PS版携帯アプリ版GBA版PSP版
グラフィックオリジナルリメイクリメイクを更に高画素化
システムオリジナルとそれほど変化無しMP制度、アイテム追加など大幅リメイク
音楽アレンジ更にアレンジ(コレ以降PS版音源が基本に)
追加ダンジョン無しSoul of ChaosSoul of Chaos+時の迷宮

WSC版

FFにとって初めての本格リメイク作品であり、グラフィックや音楽などで大きく変化。
システム面では多少な差異はあるものの、オリジナルに近い。
現時点ではWSC本体、ソフト共に中古でないと入手しにくい。

PS版

WSC版の移植+多少調整版とでも言うべきバージョン。
基本はWSC版と言って差し支えない。
OPムービー追加などもあるが、大きな違いは「イージーモード」が追加された事。
イージーモードでは、
 1.レベルアップに必要な経験値が減少
 2.魔法使用回数の飛躍的上昇
 3.ショップでのアイテム価格が安価になっている
 4.レベルキャップが50から99に変更。

GBA版

見た目はWSC版・PS版と同等だが、中身としてはシステム面の大幅な変更などがあり、実質的な2回目のリメイク作品。
大きな変化点は、
 1.魔法が回数制からMP制になったこと
 2.アイテムが多数追加されたこと(ハイポーションやエーテル、フェニックスのお etc...)
 3.追加ダンジョン「Soul of Chaos」が追加されたこと
これらの変化により、難易度が非常に低下している。

PSP版

FF20周年に合わせての再度の移植・リメイク。
PSP版での大きな特徴は、
 1.PSPの画面に合わせてグラフィックが高画質化で全面リメイク
 2.GBA版追加ダンジョン「Soul of Chaos」に加え、PSP版の新たな追加ダンジョン「時の迷宮」が追加された
まとめるとGBA版のグラフィックのリファイン+さらなる追加ダンジョン追加となっている。